翻訳されたページ このページのコンテンツは古い可能性があります。

plugins プロパティ

Nuxt の plugins オプションで Vue.js プラグインを使用します。


注意: Nuxt 2.4 以降、プラグインのタイプを指定するために plugins のオプションとして mode が導入されました。指定可能な値は client または server です。ssr: falsemode: 'client' の改良に伴い次のメジャーリリースで非推奨になります。

  • 型: Array
    • 要素: String または Object

要素がオブジェクトの場合、プロパティは次のとおりです:

  • src: String (ファイルパス)
  • mode: String (client または server) もし定義されている場合はファイルはそれぞれの(クライアントまたはサーバー)側にのみ含まれます。

注意: 古いバージョン

  • 型: Array
    • 要素: String または Object

要素がオブジェクトの場合、プロパティは次のとおりです:

  • src: String (ファイルパス)
  • ssr: Boolean (デフォルトは true) もし false の場合はクライアントサイドでのみファイルがインクルードされます。

plugins プロパティを使うと Vue.js プラグインをメインアプリケーションに簡単に追加できます。

nuxt.config.js
export default {
  plugins: [
    { src: '~/plugins/both-sides.js' },
    { src: '~/plugins/client-only.js', mode: 'client' },
    { src: '~/plugins/server-only.js', mode: 'server' }
  ]
}
nuxt.config.js
export default {
  plugins: ['@/plugins/ant-design-vue']
}
plugins/ant-design-vue.js
import Vue from 'vue'
import Antd from 'ant-design-vue'
import 'ant-design-vue/dist/antd.css' // Ant Design ドキュメンテーションごと

Vue.use(Antd)

css は Ant Design ドキュメントに従ってインポートされていること に注意してください。

plugins プロパティに定義されたパスはすべてメインアプリケーションが初期化される前にインポートされます。

このページをGitHubで編集する 更新日 Mon, Oct 25, 2021