Nuxt 3 がリリースされました! https://nuxt.com/v3 で詳細について見れます。


翻訳されたページ このページのコンテンツは古い可能性があります。

css プロパティ

Nuxt ではグローバルに適用したい(すべてのページにインクルードしたい)CSS ファイル/モジュール/ライブラリを設定できます。


sass を利用したい場合は sass および sass-loader パッケージをインストールしてください。もしインストールしていない場合は以下のようにインストールしてください。

Yarn
yarn add --dev sass sass-loader@10
NPM
npm install --save-dev sass sass-loader@10
  • 型: Array
    • 要素: string
nuxt.config.js
export default {
  css: [
    // Node.js モジュールを直接ロードする (ここでは Sass ファイル)
    'bulma',
    // プロジェクト内の CSS ファイル
    '@/assets/css/main.css',
    // プロジェクト内の SCSS ファイル
    '@/assets/css/main.scss'
  ]
}

Nuxt は拡張子から自動的にファイルタイプを推測して webpack のための適切なプリプロセッサローダを使用します。ただし使用する必要のあるローダーは各自でインストールしてください。

スタイルの拡張子

nuxt.config.js の css 配列に指定するファイル(CSS/SCSS/Postcss/Less/Stylus/...)の拡張子を省略できます。

nuxt.config.js
export default {
  css: ['~/assets/css/main', '~/assets/css/animations']
}
main.scssmain.css のように同じ名前のファイルを 2 つ持っていて css 配列に拡張子を指定しない(例えば css: ['~/assets/css/main'])場合、styleExtensions の順序に応じて 1 つのファイルしか読み込まれません。デフォルトの styleExtension 配列の 1 番目が css なので、今回の場合 css ファイルは読み込まれますが scss ファイルは無視されます。

デフォルトの順序: ['css', 'pcss', 'postcss', 'styl', 'stylus', 'scss', 'sass', 'less']

このページをGitHubで編集する 更新日 Thu, Nov 24, 2022