Nuxt 3 Release Candidate がリリースされました! v3.nuxtjs.org で詳細について見れます。

翻訳されたページ このページのコンテンツは古い可能性があります。

PM2 を使った Nuxt のデプロイ

PM2 クラスタモードの有効によって Nuxt をどうやってデプロイするのか?


PM2 (Process Manager 2)を使用したデプロイは、ユニバーサルな Nuxt アプリケーションをサーバーや VM にホスティングするための、迅速で簡単なソリューションです。

このガイドでは、アプリケーションをローカルに構築し、クラスタモードを有効にした PM2 の設定ファイルを使って提供します。クラスタモードでは、アプリケーションを複数の CPU にまたがって拡張することができるため、ダウンタイムを防ぐことができます。

はじめに

サーバーに pm2 がインストールされていることを確認してください。インストールされていない場合は、yarn や npm からグローバルにインストールしてください。

# yarn で pm2 をインストール
$ sudo yarn global add pm2 --prefix /usr/local

# npm で pm2 をインストール
$ npm install pm2 -g

アプリケーションの設定

PM2 でユニバーサル Nuxt アプリケーションを提供するために追加する必要があるのは、ecosystem.config.js というファイルです。プロジェクトのルートディレクトリに、この名前のファイルを新規に作成し、以下の内容を追加してください:

module.exports = {
  apps: [
    {
      name: 'NuxtAppName',
      exec_mode: 'cluster',
      instances: 'max', // またはインスタンスの数
      script: './node_modules/nuxt/bin/nuxt.js',
      args: 'start'
    }
  ]
}

アプリケーションのビルドと提供

次に、npm run build でアプリをビルドします。

そして、pm2 start でアプリをサーブします。

ステータスを確認するには pm2 ls とします。

Nuxt アプリケーションが提供されました!

さらなる情報

このソリューションは、このサーバー上のアプリケーションのダウンタイムがないことを保証します。(また、冗長化や高可用性クラウドソリューションによって、サーバーの故障を防ぐ必要があります)。

PM2 の追加設定はこちら からご覧いただけます。

このページをGitHubで編集する 更新日 Tue, Aug 16, 2022